トップ  >  地球の日々  >  夢現

夢現

2014年06月20日

FC2 トラックバックテーマ:「最も記憶に残っている夢」



妄想癖の発展系
または夢現(ゆめうつつ)を体得したような僕の
そのまんま日常か
夢だか現実だかわからない記憶が
いくつかあって
いまでもそれがどっちだかわからない
学校の帰り道 民家の裏に見つけたブランコ
大人になってその場所に行ってもなにもない
あった形跡もない

野原
幼い記憶だからひとりで遠くに行ったはずはないのに

そんな判別のつかない記憶はいくつか
ぼくの脳にしっかりと巣食っていて
ときどき現れては時間をむさぼらせる
厄介な寄生虫になっている
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク