トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  ナツダケ

ナツダケ

2014年06月02日

みちみちるちから
誰かに伝えたくてさ
空を見上げたらもう
9割完成の入道雲が浮かんでる

きっとどんなことも
いつかは終わるから
それを夏に集めよう
夏の日差しや世界がそれを
誤魔化してくれるから

みちみちるちから
それは、それは夏の世界
このきもちの起こる僕はきっと
どんなぜいたく者よりぜいたくで
人に伝える宿命がある

ときどきわからなくなる
人生だけれど
そう、この気持ち
この気持ちがあるかぎり

キャンプファイヤー見上げる天の川デネブベガアルタイル

いこう

ぼくらどこまでも果てしなく

ぼくら自信がそうはてしなく

天の川のように

すべてを流すかわになろう
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク