銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

はじまりのはじまり

そういやって思い直したように
目の上に左手水平 遠くを見るように
まぶしくて 目がなれて 手を離したら
どうやらもう中にいる 入り口にいる

構えた夏の門はただだまって
その先が期待か不安か
わからないようにさせているから
どきどきして

でもどきどきするふりをしながら
通り過ぎようとする僕には実は
確信しかなくて

炎天下の歓迎 そういやそうかもう始まっているなら
梅雨をはさんでも僕はもうこころも夏だし
半年は夏なんだと改めて

来週一件 再来週一件
もっともっとでいい 

夏に乾杯!
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1180-6a20cafd

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>