銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

なにかは

車屋台のおっちゃんは
客がこなけりゃ据え付けのテレビをみる
焼き鳥の匂いと暖色の
明かりが漏れて

蛙のなき続ける水田は
彼方まで張っている
目を閉じるとわかる どこまでも響くから

虫が明かりによって
そういえば、屋台の明かりは
裸電球だったか…

たぶん、ぼくのなにかはそこにある
そのなにかをはなてば
なにかはなつ

それは
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1177-4a3dc92e

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>