トップ  >  初夏の光の中で  >  五月の風に空想は走る

五月の風に空想は走る

2014年05月16日

ぼくは深呼吸のとき
風と一緒に光まで吸い込んでしまったみたいで
体の中から眩しい
目の裏にもう一個
瞼が欲しいのは冗談ではなく切実な願い

風はぼくと波長を合わせ
「静かに少しずつ浮くんだよ」
優しく語りかけてくれるけれど
吸い込んでしまった光の行方に気が気じゃない
浮かんだけれどね

そんで、この地球の上空
浮かんで暮らす贅沢の身に有りながらも
光はぼくの体の中で一切の動きを止めてしまって
消化したのならよいけれど
昇華したのならよいけれど

さっき当たった心地よすぎる五月の突風に
目がくらんで ぼくの空想スイッチON
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク