銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

まだまだ  

静かな日々の懐古
詰まる事のない惰性
あたたかなひだまりと涼しい風でいい
だなんて
贅沢か それとも

そうしている事の間に
そよそよ流れていく風があるけれど
こころがよそに行っているから
気付かなかったよ
その方が勿体ない気がしない?

静かな日々は壊して
ただただ生きるという事に休まず
意味だけを求めて

楽しい、最高、みんなと

そんな日々だけで素敵だけれど
それは贅沢か それとも まだまだか
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1172-57dc9c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top