銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

黄金の雨  

黄金の雨、固そうな水
そういうのが降ってきて
中休みっていうこと。

薫っていたみどり、みとれ
軽やかな青空(そして夏日)
それは本格的な煌めき。

終日の明日雨露は照らされ
壮大な千秋楽だよ。

緑は一気に盛り、そしてそれは序章になる。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1169-3e7a2633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top