トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  まぶたの閉じている

まぶたの閉じている

2014年04月29日

まぶたの上の宇宙に追いついた
ピエロが竹馬に乗ってタッタカタッタカしてる
何に乗っているの知らないけれど
とても心地いいんだな

まぶたを少し離れると
そこは風と星だけの世界
流星なんて全てが流星じゃ願いのかなうことはない
そんなことは無くてちゃんと
ちゃんと君に追いついたのさ

土星の輪に乗ってぼくら
えいえいおーとやったならぼくら
行きたい方向を見つめるだけでどこまでも
この果てしない銀河をめぐる流星になる


まぶたを開いた朝の中
なんだか少し寂しいけれど
窓辺の太陽がのぞいている 早く外に出るのさ
こんな単純な世界だけれど
だから単純な詩さえ輝くんだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク