銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

桜のない庭で  

さくらが散った町に
霞や塵しか残らなくて
全てを失ったような、休日

なら海へでも行こうかと
予定を立てたけれど
予定で

日差しは穏やかです
なにかが始まる予兆もある
カプリッ

缶ビールを開けて
傾いた日の中 とろけてく
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1164-4d620655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top