トップ  >  地球の日々  >  全てが道標

全てが道標

2014年04月16日

すっかりと
気持ちをやられてしまった明日に
それでも行かなくちゃならなくて
見渡して
仲間になりそうな人を探しては脇見る

新しい朝に
夢の中で手に入れた新鮮ときれいな空気
0からの目覚め
けれど今日を思い出して一気に眠気が飛んで
待ってくれと思う時ほど時間は早く

そしていつのまにかメインイベント

辿り着いたら終わるだけ
終わった後の事はまた考えよう
今の一番を開け出して大声出して感情最優先
また残る不安もあるけれど
次までにその不安を鍛える

不安が生きる道筋になる
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク