2014.04.09 桜、行方
空に溶けた星屑が
今には宇宙の色になって
しらずしらずのうちに
そうして ひとつに

春に解けたこころが
ようやく枝に実を結び
しらずしらずのうちに
そうして あたらしく

ひらいた さくらは
春の陽気にあたって
蝉のように短命に散っていく
また傷つけられたところから腐りだし
壮大な幹さえ死に至る

散った花びらの心は
大地に張り付き 雨に散り
踏まれては千切れ 風に舞い
その一角でぼくは花吹雪に見とれる





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1159-fcccfbcf