2014.04.07 赤い透明
入ってると思って持ち上げたら空っぽだった突拍子のなさ
でも感覚は騙されて一瞬重い、と思っている不思議
そしてぼくは僕かと

そんな缶ビールを飲みほして
居心地悪くて誰かの残しものほろよい頂きました

コップに注ぐ 透明なグラス
赤が埋まる 透明だと赤は綺麗だな
飲み干す

テレビ見て笑って
明日からなんとかなりそうだって物語はエピローグ、そう、エピローグ

明日のことなんて誰にも分からない
明日の自分なんて自分にも分からない
まだ見つからない答えはあるけれど
なんとかなるさと赤い透明




そう、これは地球の日々
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1157-1746118d