銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

春の存在  

なんだかあの山の向こうぐらいに
しっかりと春の存在を感じられるほどに
なってきたわけだけれど

道端の 香る花は懐かしくて
やっと名前を知った、 春

花屋さんで一番いい香りを
誰かと探した、 春

(結局ずっと顔の辺りで漂っていたその香りは
実はそのすべてが混ざってできた香りだったのだ。
店員さんが教えてくれた----その穏やかな光景もまた、春)

ぼくの世界観の中に 知らないうちに
居座る春の影

その肩を叩こう

立ち昇るにおいの中に
尊い誰かがいる
春の顔で振り向いてくれる


関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1152-d1bc4409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top