銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

序章

日々の片隅春霞。悶えし告げ人花ノ粉。
もう眼前には四月。

はがしたい衝動の空。その向こうに有るはずなのに
象徴。僕の象徴が。生きるべく生きてそして煮え立つのならやっぱり
2番目の季節が相応しい。
2番だなんて僕自身は思ったことはないけれどね。
夏に始まり夏に終わる。
否、夏は終わらない 夏は永遠。夏こそが永遠なんだ。





序章にて。
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1150-904f5752

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1257位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

85位
Access Ranking>>