よく泣く風にきいた
なににないている
すると
かわりにないているんだと
びゅるるとつめたい
嗚咽は 空だと


きみはいったいどうして
ぼくは問い詰める
そらとかぜとはいったいなのさ
風は絶望の声で答える

、、、

、、、

沈黙


けれど
ぼくはときどき君の声にもなる
きづいていないかもしれないけれども
きみのナニカは世界中に届いている
ぼくがとどけているんだ


こんなにしろくなって
さんざんなのに
いつもほんとうは 風って


風ってやさしいんだ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1139-1e6fc9fa