銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

何かの集合体  

なんだかいろいろ目まぐるしい
好きな曲からことからもの
いつのまにか変わって
節目を自分さえ把握できない

けれど結局戻ってる
遠い目でみてつながってる
そしてそれがぼく、象ってるらしい
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1129-19c622d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top