2014.01.22 冬の火
だって、日陰もなかったら辛い
水槽の魚の格言
そうして生きていくことの
後ろめたさは贅沢で
そっと身を隠す 生きる統べ

それをわすれたぼくら人間は
きっと動物を逸して
あやうく生命さえ逸しそうになって
涙を覚えた


複雑の奥に秘められた
ぼうと灯る火がいまも
冬の中ごうごうと燃えている

いまも燃えている
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1126-5f04ae17