春への近道

小春日和の道を歩く
雪解けの川が優しく光って
自転車で抜けてくこども
笑顔ってなんだか思い出して
わるくない わるくない
見上げた青空が不意に突き刺さる
心の深層までぐさりって
わるくない わるくない

心の底から広がる青空を
感じて歩く僕は今、春に一番近い
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>