トップ  >  一刻の冬  >  休日

休日

2014年01月21日

濃いめの色のカーテンに
陽射しは100%遮断されて
休日の朝は余計に遅れる

12時を示す僕の朝は
眠りすぎて不規則な脳機能
やってしまったの後悔も浮かばず
ただ陽が眩しいと目を細める
パンを食べて コーヒーを飲んで
テレビ欄を見て

濃いめのブラックコーヒーに
顰めっ面 瞼は小人の接着剤がついたまま
目薬を差したって またすぐくっつく


そしてこうやって
詩にたどりつくころには
面倒という取捨選択の果て
太陽と一緒に
首を傾げた僕が残る。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク