休日

濃いめの色のカーテンに
陽射しは100%遮断されて
休日の朝は余計に遅れる

12時を示す僕の朝は
眠りすぎて不規則な脳機能
やってしまったの後悔も浮かばず
ただ陽が眩しいと目を細める
パンを食べて コーヒーを飲んで
テレビ欄を見て

濃いめのブラックコーヒーに
顰めっ面 瞼は小人の接着剤がついたまま
目薬を差したって またすぐくっつく


そしてこうやって
詩にたどりつくころには
面倒という取捨選択の果て
太陽と一緒に
首を傾げた僕が残る。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>