銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

休日  

濃いめの色のカーテンに
陽射しは100%遮断されて
休日の朝は余計に遅れる

12時を示す僕の朝は
眠りすぎて不規則な脳機能
やってしまったの後悔も浮かばず
ただ陽が眩しいと目を細める
パンを食べて コーヒーを飲んで
テレビ欄を見て

濃いめのブラックコーヒーに
顰めっ面 瞼は小人の接着剤がついたまま
目薬を差したって またすぐくっつく


そしてこうやって
詩にたどりつくころには
面倒という取捨選択の果て
太陽と一緒に
首を傾げた僕が残る。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1123-effa57ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top