銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

井戸  

それは悲しみを全て吸い取ったかな
ぼくはこころの遊園地作って遊ばせた
そんななににもならない後悔と知って
けれどやめることはできなくて

遊びたいだけ遊んで眠ったような
そんな幻の中に居続けたいのなら
どこにでもある いまでもある
けれどきっとそれは悪循環の螺旋下って
井戸の底にたまる廃棄物のようなもんだ

地下に広がる大いなる井戸の底
その上にある遊園地
井戸なんて目に見えないし 匂いだって誤魔化されてる
腐敗したせかいの全ては
そんな風に成長していくんだ
えてしてこの世界もつくられている



信じるって何かの尽きない井戸端


関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1111-ddf66eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top