銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

固定観念  

風に揺れているのはいつも
明日のことたちで
ふらふらと空から降りた蜘蛛の糸を
僕のように思ってた

きもちがあるからひとつひとつ
いっこのものがちがう奇跡
けれどもだれも
それを奇跡と呼ばなくて

風に揺られてふらふらと生きる
そんな世界の物語は
いつもフィクションの中にしかないって
おもったひの夜の虹

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1103-c5c8f796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top