銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

冬には負けたくない  

あきになったぼくらは
瞳まで夕焼けて
鼻まで真っ赤になって
そして冬を向いた

手を伸ばせ
冬を引っ張り出せ
怖くなんてないさ
支配してやる

あきになったぼくら
それぞれ 静かに
心も秋になって
冬なんて溶かしてやる
そう思っている



アンケート回答で優待券プレゼント

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1095-b845665c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top