銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夕焼け  

秋の夕陽待ちぼうけ
大波小波天高く
夕陽に焦げた影法師
枯れ葉を踏んだ誰かさん
背中を押された誰かさん
パチパチたき火遠い音
お寺の鐘がゴンとなる
鼻たれ小僧が街の角
サッカーボールの下り道
とんとんとんとんリズムよく
ああ転げていった
ああ転げていった

夕焼け色した秋の暮れ
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1094-d42e1ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top