トップ  >  色明の秋  >  

2013年10月07日

色づいた葉なんかより
静かな世界が僕にとっては秋
もちろん否定的な意味を含んで
けれどしかたない
そう思って重い腰を上げる
『秋を歓迎しよう』
その過程

寒いし 静かだし
それが秋の全てだと思いませんか
きれいな紅葉 ぼくらたき火して笑う
まやかしだ
なにもなく ただ秋にいれば
寒くて静か それだけ

窓の外見て
明日は少し暑いというけれど
夏とは違う 静か
静か 静か 静か

それが秋
だから秋なんだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

niko さんありがとうございます。夏が好きで、それ以外が嫌いで…だからついつい季節に過敏になってしまいます。4分の3位夏でも僕は全然かまわないのです。

確かに…静かです、音が変わりました…暑くても「秋」ですね
耳にする音が…かわりました。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク