トップ  >  地球の日々  >  ツヅク

ツヅク

2013年09月05日

「じぶんとはなにか」のすきまに
ほうりこんでいるほこり
綺麗に手につまんでしらべたら
調べきった時にはいったいどこ
そんなことしなくていいさ
ほら 夏の風の失われた事に
沈んだ君は君だけかい?
きみだけなんだけれど継がれた記憶
太陽のしっぽがちゃんとある

海を見て切ないのはぼくら
海から陸に出た尊い記憶

そらを見て切ないのはぼくら
見上げため息を吐き続けて死んだ尊い記憶

そうおもったらぼくら
何でもしたい気持ちにならないかい?

そしていつかぼくも
果たす事の出来なかったいくつかの命題
どこかのだれかが

そうおもったらぼくら
とりあえず今だけを大切に生きていこうって
手を取り合って無駄な諍いはいらないって
そうして僕らの分岐が百にも億にもなるから
繋がる物語の一節として
生きたいと願うんだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク