銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

りりりの歌  

かなしいきもちひとり
つめたいかぜのかたまり
いちどうなずいてこくり
そらのかなたひかり
なつはというとひかり
こだましてさったあかり

ぼくはなつにひとり
おいてけぼりでぽつり
ひざをおとしてがくり
なみだがおちてぽろり
つぎからつぎへはらはらり

そらにぽうっとあかり
きれいなまんまるひとり
まんげつかがやくきらり
ぼくをてらしてかたり
むしたちがなくよ りりり


そうだね、ぼくが こくり

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1072-60ee669f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top