銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏史 2013  

夏に酔った青空の元気な粒子
太陽輝いてそうしてぼくがいて
少し静寂がある。

美しいとは何かと
麦わらの日陰に物思う
風は優しくふいて
草木は深呼吸を続けていた

蝉は鳴き盛り
秋虫たちもそれに加勢して
なにか複雑な季節の催しだけれど
それはそれで
夏らしいと思って瞳を閉じるんだ

まやかしとはなにかと
昨日の出来事さえ辿れなく今に
そんな疑問は忘れて
ただ、今、夏に。

満足している僕のデイズ
書き綴る 2013 ぼくの夏史


素材辞典 Vol.41 夏の風物詩編

新品価格
¥4,789から
(2013/8/13 16:16時点)



関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1060-da3e3230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top