銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

as e Bam  

ぼくに纏わりつくもの
それを時折癒すもの
真夏の真っただ中にいて
西日など哀しくないと
感じる感覚の奇跡
長く続く錯覚に鈍る
本能が夏に支配される
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1058-1fb94059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top