巧みにお面を変えたとしても
どこかしらに心理はにじむ
手をつないだっておなじ
心は繋がっていない だれかはわかる

どうもこんにちは
お辞儀をする ぼくら地を見る
相手は目の前を見る 直ぐ地を見る
そして同時に頭を上げると自然と視線が合う
笑ったなら心はどこにある

楽しませようなんて巧みな技術はない
向き合うとき心は手をつなごうとしている
僕が楽しいと本当に思うならそれは
必ず相手に伝わるから

どうもこんにちは
やっとあえましたな 本当のあなたに
なんどかそういわれてはっと
気付いたりまた忘れたりだけれど

心に住んだ 不平等やエゴイズムは
心の澄んだ 人には敵わない
見抜かれるんだ


天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)

新品価格
¥740から
(2013/8/1 22:40時点)



↑ぼくの学生時代の愛読書です。
幼年編はなんどもなんども繰り返し読んだ。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1050-6f98e40a