トップ  >  心の整理の為の  >  心なんて単純すぎて

心なんて単純すぎて

2013年08月01日

巧みにお面を変えたとしても
どこかしらに心理はにじむ
手をつないだっておなじ
心は繋がっていない だれかはわかる

どうもこんにちは
お辞儀をする ぼくら地を見る
相手は目の前を見る 直ぐ地を見る
そして同時に頭を上げると自然と視線が合う
笑ったなら心はどこにある

楽しませようなんて巧みな技術はない
向き合うとき心は手をつなごうとしている
僕が楽しいと本当に思うならそれは
必ず相手に伝わるから

どうもこんにちは
やっとあえましたな 本当のあなたに
なんどかそういわれてはっと
気付いたりまた忘れたりだけれど

心に住んだ 不平等やエゴイズムは
心の澄んだ 人には敵わない
見抜かれるんだ


天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)

新品価格
¥740から
(2013/8/1 22:40時点)



↑ぼくの学生時代の愛読書です。
幼年編はなんどもなんども繰り返し読んだ。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク