トップ  >  銀河の夏Ⅲ  >  夜話に付き合って

夜話に付き合って

2013年07月23日

朝顔 風 夏の匂い
気温に並行して上昇した体温や
いくつかの限定的な力
いまの僕にはなくて
指先にも 風は感じない

昼下がり 雷雲 予感
ぼくら期待してどくどく空
夏の全てが
肯定へと導かれていた

おもいきり体動かしたラジオ体操
そのあと 空腹 朝食 朝の友 プール お昼 スイカ 夕立 虹
欠けたものはあるかい?




けれど

けれどさ ぼくは

満天の星空見て ビールに身を任せて
それは それほど嫌じゃない
季節は巡るけれども
けれどもこうしてまだ 僕は
未来に鼓動打ってるよ どくどく、どくどくどくって


いやじっさい
幾分 否 めっきり
朝には弱くなってしまったけれど
僕らこうして紡がれる夜話
そんなにいやじゃないから


スイカ夜話

新品価格
¥2,196から
(2013/7/23 23:54時点)



関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク