銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

青空とラベンダー  

ほんとうの青空ってしってるかい?




新鮮な空気ってわかる
水が含まれてるのがわかる
そして深く吸っては
空を見上げたくなるもの

ラベンダーの香り
そうだ これがラベンダーの香り
記憶の向こうのカバンに揺れる
いい匂いの誰かの旅のプレゼント

新鮮な意味ってわかる
ここにいることが清々しくて
ほろりほろりと余計なものは風に解ける
ああいつかいたのにと
どこかしら懐かしさの間に不完全な風が吹く
(ああ、これが切なさの原因か)

見上げた空がつながっていたとしても
心象に留まっていたとしても

新鮮な空気すらないと

全てでいいと思った今までのいくつかの空
悲しくも心のページに綴じるだけ



ラベンダーと空
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1037-de9907c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top