トップ  >  夏旅譚-norse.a.road-  >  ヒマワリ畑の風になった

ヒマワリ畑の風になった

2013年07月15日

延々と続くヒマワリ畑
青空の染みた僕の影は風になる
僕の輪郭を象った空が
向日葵の間を走っていく

ひとつひょんと頭を出した
背高のっぽのヒマワリがいて
やぁ、と
風になった僕に声をかけてくる
風になった僕は草花の
声が聞こえる

やぁ

ぼくもひとつ、その背高のヒマワリに
笑んで返してその場を直ぐ発つ
風だから
決してどこにも留まる事はない

ゴォー、ビューン、そよそよ…




そしていつか僕は空になり
あの入道雲に腰をかけ
風に揺れるヒマワリを 永遠に見るんだ

何処かの夏では必ず
ヒマワリが風に揺れてるから
風になったこと
後悔することなんてないとわかる



ヒマワリ畑
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク