トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  道標

道標

2013年06月23日

四季道標に歩いても
人間は人間の人間で
幻覚の中で共存している様な
だって今だって
どれだけの人が四季を感じている?
四季を考える時間を持つ?

やり場のない気持ちを
青空に吸収させて
残りの気持ちも緑の風に散らせて
そんで僕らは生きている
致命的なことでもあるのに
おおらかな風に甘えてしまうね

四季道標に歩いても
どんどん離れていく感覚は否めなくて
忘れてしまった香りや触覚を
手のひらに留めようともしないんだ

共存という意味の地球に
僕ら勝手に生まれてきたわけじゃない
命の源は繋がってるんだよ
だから感覚を失えば地球と反れて進化して
いつか見放されるんじゃないかと憂う


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク