銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

始まる  

限りのない幸せ
永遠的幸せは玉手箱の様な
最終的に落ちるそんな
そんなところに僕はいたくない

明日がどうだって
来年がどうだって
今思ったことが全て
そうなるなんて思わないで

ぼかぁ空を見上げよう
そらはある
そしたら今度は手のひら見つめよう
てのひらはある
足もある 息してる 感じてる


深く深く深呼吸して
高く高く腕をあげ
高く高く腿をあげ
高く高く空見上げてあるくのさ!

そうだ
限りのない幸せなんか
なくたっていいから今を
全身で感じて始まる
とにかく始まる
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1024-8fbb14ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top