銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

青葉、風散らして  

グラウンドの青葉、散る風景
最高の風があったね
あのまま時がとまったってよかった
どこまでも肯定してくれる気がしてた
まるで導かれてここにきたような
そんな日々が緑の風に消える

青空の跳ねる川岸、弾ける風景
何を考えていたのかな
あのころの僕らの思想過程に
敵わない気がする 弱気になる
そんな日々が確かにあった事さえ
風にさらわれそうになるんだ

みどりの日々の愛しさに
今を近づけてみるとなにもない
NとNがいつまでも
反発しているからそれでも



グラウンドの青葉、散る風景
最高の風があったね


あのまま時が 

  とまったってよかった




関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1022-589cfae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top