銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

夜、ギリリのことさ

牛ガエルの遠くに鳴く夜に
ぼくら催眠術にもう、かかってしまった
事の次第を語ることで僕はどうにか
夜を越え朝へ

すべてがすべて真実だとは
例え僕さえ信じるという事はない
ましてや僕以外の事なんて
中ニから意識は止まっているんだ
(ウー、ヴー 牛ガエルうるさい)

とにもかくにもぼくら 夜に向かう
ぼくもきみもだれかも
突入する人もいれば既に、これから
銀河系の時系列でみればもう数年
眠りかけたそれは夜眠とでもいえばいいか

(ギリリのことさ)


夜の暗いのと
宇宙の暗いのと
関係しているけれど
関係している事の神秘は
きょうふにしかならないね ギリリ

そうして更けてくんだ夜は
そうして更けてくんだよ夜は

同感を求め同胞が居ることの確認で少し
ぼくの夜は薄まるから
その為の詩だったりする 夜








関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1016-cef99af2

 | HOME | 

■ CM

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ブロとも申請フォーム

■ 訪問者の数

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ ブログ村

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1369位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

90位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前