トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  夜、ギリリのことさ

夜、ギリリのことさ

2013年06月15日

牛ガエルの遠くに鳴く夜に
ぼくら催眠術にもう、かかってしまった
事の次第を語ることで僕はどうにか
夜を越え朝へ

すべてがすべて真実だとは
例え僕さえ信じるという事はない
ましてや僕以外の事なんて
中ニから意識は止まっているんだ
(ウー、ヴー 牛ガエルうるさい)

とにもかくにもぼくら 夜に向かう
ぼくもきみもだれかも
突入する人もいれば既に、これから
銀河系の時系列でみればもう数年
眠りかけたそれは夜眠とでもいえばいいか

(ギリリのことさ)


夜の暗いのと
宇宙の暗いのと
関係しているけれど
関係している事の神秘は
きょうふにしかならないね ギリリ

そうして更けてくんだ夜は
そうして更けてくんだよ夜は

同感を求め同胞が居ることの確認で少し
ぼくの夜は薄まるから
その為の詩だったりする 夜








関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク