FC2ブログ
僕らは星から伝わるシグナルかかえて
零れたそれは傍目には美しい黄金
そのたび足の裏には負荷がかかって
いつかはコンクリートさえ潰して
それでも歩き続けたのさ

僕らは風から伝わる噂をかかえて
ふきっさらしのそれは傍目には美しい季節
そのたび強い風に足は取られいくどももがき
いつかは進むべき方向さえ失って
それでも歩き続けたのさ
ただ毎年道しるべとなる三角星だけのおかげで

| main | next »