陽炎に混じって

明日は明日だなんて理解した風にいって
でもそこには熱風がビュンビュンなんだ
中立というか、不安定というか、
しかしそのままここまできたなら
けっきょく安定なのか、そこに意味はあるのか

空気に混じった熱は誰が作ったかって

それは太陽。夏に傾いた太陽なわけで。
その間接的によるまで引っ張っただれかのおかげだね。

安定不定不安定
そのごちゃまぜにこそ癒させるのは
ひとって、本当の完璧足る完璧なんて、こそばゆいから

陽炎にうつったかうつらなかったか
そのくらい

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>