夏切れ

左の手で太陽を擦って
つかいなれないから、火傷してもいい
暑さは続く
遠い山でなく
日暮も聞いた気がするんだ
あれは別の鳥かなにかだったんだろうさ
先日の日曜
キャンプ場のある山の温泉へ
いったときたしかに聞いた

どこか知らないところでもう
確かな夏ははじまっているのかもしれない

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>