銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

近々水無月

青ざめ空冷たい風
やっと思い出したかい5月
ってかんじによく聞き耳立てると
季節の狭間の何者かの調整、律の調整
であり率のたぷたぷにすれすれの
季節の杯はそろそろ満たされて流れ出すのさ五月雨
そうして心まで火照った危うい特定の人々の(特定の人々の)
過ち寸前ちょういとまたれい火の用心ってな具合に
ほとぼりを冷ますれっきとした役割があるのは公然の秘密
なぜなら深層心理の奥にほおったそれは
それは
ほら溢れ出したらもう久遠の矛盾
もともと一杯あった杯の量はとうに流れ切っているというのに
とめどないそれはいったい
水張月、水月、水の月
けれど気休め火照りなどとうの昔から覚めたことなどなく
火照りとはまた命でもあってそんなことは
…そんなことはとうに
世界が水日出しだと汚い言葉でわざと騒々しく語気を荒げて
チカチカミナルキ

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前