銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

無題

風は君の何をしって
時の梟は初夏の湧水のように冷たい風に絡まって飛び立つ
新緑のきらめき、見つめられないのだ

空腹の時を知った まだ拙いアスファルトの平面たちは
今からもう参ったという顔をして、それでもなお、対面し続けている
“本当の強さとは違うよ”北風がささやく


桜散るその木の変化こそ愛しい
花より新緑
それを知っている誰かが、そっと見上げて笑ったが
影しか知れず、それもずっと昔から…


時の梟は、その360°の夜にも映える眼孔で
真剣な目付きで、緊張していたのに、ウグイスが鳴いた

梟はにんまり笑ってしまった、野生を知らない
僕の想像のなかだけで
そしてその境界線のあやふやさに、いつかもがく
TVに映った、真実の君を見て

だいたいそらだって、そっと青を濃くしては見上げさせる
魂胆がある
夏雲は叫ばせたい
なにかを想わせたい

思わせぶり、人の影の濃さ、海で途切れた坂道の先

飛び込んで、泡と消えたい


うつろうつろと、うつろうおとが
はんがんのはんぼけでかきはしらせた
いつまでもふくろうは、空を自由にとびたかったなんて
余韻はない

決めるのは…


決めつけられていることを知らない間だけ、自由、この詩をかいたのは概念、ただの概念、自由という概念、が作者

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前