無題

風は君の何をしって
時の梟は初夏の湧水のように冷たい風に絡まって飛び立つ
新緑のきらめき、見つめられないのだ

空腹の時を知った まだ拙いアスファルトの平面たちは
今からもう参ったという顔をして、それでもなお、対面し続けている
“本当の強さとは違うよ”北風がささやく


桜散るその木の変化こそ愛しい
花より新緑
それを知っている誰かが、そっと見上げて笑ったが
影しか知れず、それもずっと昔から…


時の梟は、その360°の夜にも映える眼孔で
真剣な目付きで、緊張していたのに、ウグイスが鳴いた

梟はにんまり笑ってしまった、野生を知らない
僕の想像のなかだけで
そしてその境界線のあやふやさに、いつかもがく
TVに映った、真実の君を見て

だいたいそらだって、そっと青を濃くしては見上げさせる
魂胆がある
夏雲は叫ばせたい
なにかを想わせたい

思わせぶり、人の影の濃さ、海で途切れた坂道の先

飛び込んで、泡と消えたい


うつろうつろと、うつろうおとが
はんがんのはんぼけでかきはしらせた
いつまでもふくろうは、空を自由にとびたかったなんて
余韻はない

決めるのは…


決めつけられていることを知らない間だけ、自由、この詩をかいたのは概念、ただの概念、自由という概念、が作者

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>