わらいだすとすぐ

ふゆかぜのだんだんとよわまるとき
ぼくはしらないしろいはなをかたてにもって
たかんしょうのそのあせのしみきって
はなはちりぢりきもちのよいかぜにのって、いった

かたてをそらにあげ ぐるぐるととろみのついた
しろとあおのえきたいをかきまぜたら雨雲か
ほうらぽつぽつ かおにふるのは
みあげていたからなのに
そんなことにすらきづかずぬれたくないとぬぐいつづけた
春知らせの雨はいつまでも
僕の顔にふりそそぐ ふりそそぐ
もものいろをかんじさせて
いぶきをかんじさせて
いのちをかんじさせて

ちきゅうをくるみはってはとびあがりじゆうに行き来する
生き生きとした大生命が僕の前髪をヒュンとはねさせ
いやいやとしていたぼくのかおは
まだめをとじたままそれでもわらうだろう

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>