銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

しれない

月がよく見てる僕の顔を
黄色い巨大な顔面から
黒く細長い手足が伸びて
頭には小さなシルクハット黒の
歌を聞かせている
地上に響かす宇宙の音色か、太陽系の
ぐるぐるまわっておいでおいでしているよ
ずいぶん寒くなったもんだね
ぼくのかおはよなかこおりのせかいだ
なんでも凍てつくんだよ
でもその不敵な笑みはなんだろう?
しらない
ぼくたちはしれない

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前