銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

3月

僕が夏をすきなのはなにかの裏返しかな
ふとおもったとき 三月下旬の雪
指震わす

考えたくないことを 考えないように
好きなことへの憧れと夏の奇跡の 麻薬浴びて

ジムに行くことが苦でなくなった理由も
筋肉の変化をうれしく想っていることも

何か大事なそして、どうしようもできない
ことの裏返し見ない振りしているのか

けれどそれに気づいた今に
正々堂々と前向きさとはいえない


どんなに考えてみても 冷たい風ふく
3月に晒される

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前