銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

無意識さえ腐食される、しかも自業自得  

無意識さえ腐食する

▲Page top