銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

ソコニアルモノガ

ふゆのひまわりつめたかったつくりものなんだ
みどりのはもきれいだけれどじんこうてきなつやがある
さみしさのりこえたきみへのごほうびさ
なんていってくれたけれどこんなにせものなんて ちっとも
うれしかないんだよわかっておくれ


きみのためにっていってくれたことにはかんしゃするけどね
それはほんとうふかくふかくかんしゃしてるし
いっちゃえばそのきもちだけでじゅうぶんなのさ

ふゆにひまわりつめたかったつくりものなんだ
きいろのはなびらなつみたいにかがやいてるけれど
なんのにおいもしなければしつかんなんてどうしようもないよ
くるしさのりこえたきみへのごほうびさ
なんていってくれたけれどこんなにせものなんて ちっとも
うれしかないんだよほんとうにさ


ものにあふれるじだい、なんてあたりまえのことははなししたくない
ただめをとじてもわかるものだけでそれだけでいまはいいんだ
おんどかんしょくおとそんなのにつつまれているってことはさいだいのしあわせなんだよ
そしてそこにこころがあるならね わかってるんだろうけれど

ふゆのこおりつめたかったやねからおちつてきた
さわればつめたくてつぎからいたみがきて
シンとはりつめたあのくうきのなかにいられることがすてきで
なんどもなんどもふかくこきゅうをくりかえす


しんとはりつめたあのくうきはさいこうで
なんどもなんどもふかくこきゅうをくりかえす

くりかえす

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>