明暗対極

言葉につまる冬の道辿って
光る内にほのかあたたかいうちにと 歩いた
あの道をもう一度歩いてみたい
どこあるのかもう思い出せないけれど

あつく 輝いた あの夏の日に
走り出す汗散らして いた

いつまでもつづく冬の道辿って
暗闇の中やみくもあかりをさがしてた
でももう二度と見つからないみたい
求めるものを見失っているから

走りきった丘の上 立ち昇る巨大入道雲
見上げるように飲んだサイダー コンビニでうっている
扉はもうここにはない


いつまでもつづく季節辿って
ぼくらはいきつくところまで歩いていくしかない
この先の路地 明かりひとつ見当たらないけれど
それでも一抹の希望は未明の未来
つかみとる今度こそは明確な詳細な目的地がある
絶対な闇があるのなら絶対な明かりがある
そう信じていくしかない

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>