2016.02.28 明暗対極
言葉につまる冬の道辿って
光る内にほのかあたたかいうちにと 歩いた
あの道をもう一度歩いてみたい
どこあるのかもう思い出せないけれど

あつく 輝いた あの夏の日に
走り出す汗散らして いた

いつまでもつづく冬の道辿って
暗闇の中やみくもあかりをさがしてた
でももう二度と見つからないみたい
求めるものを見失っているから

走りきった丘の上 立ち昇る巨大入道雲
見上げるように飲んだサイダー コンビニでうっている
扉はもうここにはない


いつまでもつづく季節辿って
ぼくらはいきつくところまで歩いていくしかない
この先の路地 明かりひとつ見当たらないけれど
それでも一抹の希望は未明の未来
つかみとる今度こそは明確な詳細な目的地がある
絶対な闇があるのなら絶対な明かりがある
そう信じていくしかない