白い空

声が届くように白い空に向かい歌おう
ちらつくゆきももうみたし 冬の耐性はついている
後はオリオン座があいさつしてキラキラきらめきだしたら
きっと素敵な冬になるんじゃないかとおもう

白い空の向こうに向かって歌う元気で儚いSONGは
ずっとまえにきいた時代のない歌 こどもの耳のカタツムリに残る
単純な歌詞に単純なメロディーに打たれて歌うのさ
白いビルや白い家白い空にかこまれて

なんどもなんどもカタツムリの渦のように続いて
「くりかえし」うずまく夜の音 なんどもなんどもワンフレーズ消えない
声が届くように 白い空のように

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>