ゆうき

ゆうきをはじめててにしたとき
いたいくらいできもちひとつ
いくらでもころげおちたのににぎりしめたのは
いたみをかんじないますいがあったせい
こじつけのますい

あんなにゆめだったゆめはふとんのなか
めのさめないゆめのなか
あるこうとおもえばあるけたのさ

ゆうきをはじめててにしたとき
てにとどめておこうとすれば
にぎったてからちがしたたりおちたけれど
ねらったまとにそれをちからづよくなげたら
命中! 相手はノックダウン!

そのあとまたゆうきをとりもどそうと
そのゆうきのたまをもういちどてにとったけれど
もうそのいたみはきえさり 
ただのボールになったぼくのゆうきは
どこへきえてしまったのだろうとふあんになった
しかたなくあるきだしたかえりみち
かわべでそのいみのなくなったボールをなげすてたのだけれども
それはどこまでもどこまでもとおくとんで
ぼくにちからがついたことと まえよりすこしみがるになったこと
いつもよりすこしゆうひがきれいで はやくあしたがこないかなとおもったこと


ゆうきをはじめててにしたとき
そしていまひとつあらたなゆうきのボールが掌に痛みを伝える
ぼくはそれをしっかりと、負けまいと握り返す

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>