星の声は聞こえるのか
ほしのこえはどこまで、とどいているのかな

素敵にこいだあの夜空のブランコは
きもちいい初夏の風がふいたもんだ
それでとなりには君がいて
明日はなんて楽しそうに話したのさ

だから デネブ ベガ アルタイル

ぼくの声は聞こえるか
ぼくのこえはどこまで、とどくのか

なに言っているのかわからない
自分自身にさえ届かなきゃ ゼロ距離 意味ない